NO IMAGE

[小児歯科] おやつの回数と歯磨きの回数はどうしたいいの?

歯ブラシの回数と虫歯の関係

・歯ブラシをするタイミングと回数は
・虫歯菌が歯を溶かすプロセは
・おやつの回数や食べ方にルールはあるの
・まとめ

歯ブラシをするタイミングと回数は

歯ブラシのタイミングは基本、食後なるべくすぐに磨くの有効です。昔、「食後30分は磨いてはいけない」と記憶にある人もいると思います。詳細(理由)は今回は割愛しますが、このことに関しては小児歯科学会も否定しています。特殊条件しかありえないので現実的にはありえない設定だからです。この情報がネットで流れた時はネット上では「30分以内に歯ブラシをする奴は情弱」との記載が非常に多かったですが現在は「それは都市伝説だから掛かり付けの先生に相談してみたら」という発言を見かける事が多くなってきました。
現在はネットでも色々な記事を見かけますが基本、食後なるべくすぐに磨くです。すぐと言うのは食べ終わった瞬間に磨くまで神経質にならなくても大丈夫です。
ですので食事の回数+おやつの回数が歯ブラシの回数です。
おやつと言うのは厳密にはジュース一杯もおやつの回数に入れます。

虫歯菌が歯を溶かすプロセは

炭水化物を単糖に変換してそれを食事として菌が栄養補給してそこから出る排出物が酸で、その酸が歯を溶かします。そのためショ糖より果物の方が虫歯になりにくいと言われるのは多糖類を菌が分解するまでに時間がかかるため歯ブラシするまでに時間が稼げるからです。
口の中の食べ物はただ単に食べかすですが、その食べかすを菌が単糖に分解されそれを栄養として酸を産出して歯を溶かします。食べかすの段階あるいは単糖に分解された段階で歯磨きができていれば十分ですので酸を出す前に磨ければ理想です。酸を出し始めていても規則正しい生活と歯ブラシができていれば再石灰化と言って歯の修復が始まっていきます。一般的1回の食事で溶ける量は50μTO言われており、修復には理論値として最大300μと言われています。色々な要因も考えられるので食後の時間関してはなるべく早めという表現にしています。

おやつの回数や食べ方にルールはあるの

昔、3時のおやつの時間と聞いた事がある人は多いと思われます。理想はおやつの回数は1日2回までが理想です。当然ジュース1杯もおやつの回数としてカウントします。だらだら喰いもNGです。ジュース一杯でも大体約17分間溶け続ける報告があります。つまり女子会などで喋りながら10分おきにジュースを一口づつ6回約60分)の場合は飲んでいる瞬間だけ溶けているのでなく約77分溶け続けていることとなります。
なので時間を決めておやつを食べて歯を磨くのが理想です
おやつの回数は学会報告で発表した方がいました。その報告ではおやつの回数と虫歯の確率でおやつが1回で約3%、2回で約4%、3回で約8%と報告していました。そのためおやつの回数は1日2回までとされています。

まとめ

歯磨きの回数は食事の回数+おやつの回数
おやつの回数は時間を決めて1日2回まで
ダラダラ食いは危険
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!