小児歯科矯正の費用の目安は?

矯正歯科の一般的な費用の目安

究極の言い方は、歯科医院の言い値です。

値段が歯科医院によってまちまちですが、区切りで見ていくと大体おな状な値段になっていきます。

第一期治療は大体35万円〜40万円くらいが多く、第一期治療と第二期治療を合わせると80万前後が多いいです。

第二期治療から始めることは出来なく、事実上、第二期治療からスタートしても第一期治療治療と第二期治療の合計金額から請求されます。

その他に、

カウンセリング(無料相談を含む)0円〜1万円

検査代が3万〜7万

調整料が0円〜1万円

永久歯抜歯が1本1万円

リテーナーが0円〜2万円

くらいが大まかかかる費用です。

この費用は、一般的に行われる金属のブラケット(ツブツブ)の費用で、透明のブラケットであったり、歯の内側からやる舌側矯正はまた別途の費用がかかります。

参考までに、一昔は、透明なのが80万円〜120万円。舌側が120万円〜220万円くらいが相場になります。

その他に、マウスピースによる本格矯正などもありますが、基本、マウスピースのみで80万円くらいが相場です。

値段の違いは材料の違いであったりするケースもあります。

中には、同じ材料で値段が違うところがありますが、ここまででいくら、ここまででいくらと、小出しになっているだけで、総合的な金額で見ると大きな違いがありません。

第一期治療と第二期治療は合計金額になっているので、第一期治療から、第二期治療治療に移行する場合は差額になります。

逆に、第一期治療となっていない小児歯科矯正の場合は、差額の時もありますし、別途費用がかかるときがありますので、歯科医院で相談してください。別途費用がかかるときのケースで多いいのは、矯正目的でなく、舌の訓練や口腔内の訓練の補助装置としての目的で使用している場合は、結果として歯並びは治りますが、歯並びを治す目的でないので、別途違う契約が必要になるケースがあります。

中には1本の歯のみの矯正で、条件付きですが、10万円で行うケースもあります。

小児歯科矯正の費用の目安は?

矯正歯科の一般的な費用の目安の項目で記載してある。第一期治療を小児歯科矯正と考えた場合は、

ベースの第一期治療が大体35万円〜40万円

カウンセリング(無料相談を含む)0円〜1万円

検査代が3万〜7万

調整料が0円〜1万円

永久歯抜歯が1本1万円

リテーナーが0円〜2万円

第二期治療に進むのには差額請求のケースが多いです。

 

次に第一期治療をさらに分けて治療を行う小児用の矯正があります。

その場合の相場は装置1つあたり10万円位で行うケースがあります。このケースですと本格矯正を行うときは別途契約になるケースが多いです。

その他にも、小児用のマウスピースを使った矯正もあります。これらは矯正みたいに歯に力を与える矯正ではなく、舌や唇の筋肉のバランスを取ることで、結果的に歯並びを治すと言う物です。

例えば、ムーシールドやプレオルソなどがそれに当たります。

 

大学病などが割安ですが、相場が8万円前後となります。

東京などの主流都市ですと21万円〜27万円くらいが多いいです。

安いところだと3万円〜5万円で行っている所もあります。

 

この値段を比較すると、値段が大きくずれていて、ものすごく損得があるように感じます。

しかし、安い値段の所には含まれていない、目に見えない金額が含まれています。

プレオルソなどは基本、1年に1個は取り替える事をメーカーは推奨しています。その費用の何回か分が含まれていたり、調整料やチェック代が含まれていたりします。

破損や、衛生的な交換(例えばトイレに装置を落としてしまった)などの時は、格安で、新品交換をしてくたりと、サービスが全く異なります。

なぜそのような値段設定をするかというと、余りやすいと、装置の使用を甘く見て、しっかりと使ってくれない統計結果があります。

逆にあまりにも高すぎると、上手くお子さんが入れてくれなかった時に、お母さん自身が、悩んで落ち込んでしまう報告もあるので、10万前後か23万前後の値段設定が一般的です。

費用の支払い方は?

大体が現金一括か、カードが使えるときはカード支払いによる方法がメインですが、成人矯正の第二期治療をメインの矯正治療としている場合は、医院によっては第一期治療や第二期治療を3回分割(毎月)で行ってくれる医院もあります。

カード払いであればカードの分割も使えるところもあるので、上手く制度を利用する方法もあります。

小児歯科をメインとしているところは、小児矯正をメインとしている場所は少ないので、分割が出来ないところが多いいと思われます。

詳しくは、受診する医院と相談になります。

最新情報をチェックしよう!