子供の歯科矯正で顎を広げるとはどういうこと?

子どもの歯科矯正で顎を広げる

歯科矯正を行う上で重要となっていきます。まず成長期のお子さんは、成長を利用する事ができます。

顎を広げることで、歯の入る隙間を確保することが可能となります。それ故に永久歯を抜いてスペースを確保する永久歯と違った手法が使えるわけです。

逆に成長の段階で顎が広げるような動作がないことは、普段から顎を広げる状態ではないので、歯並びにはかなり不利につながります。

具体的には、舌の癖があるとか、口が空いているなどが挙げられます。このような癖は矯正を終わらせてからも、綺麗な歯を維持するにはかなり難しい状態に落ち位いるので、矯正中あるいは、矯正後にしっかりと訓練をして置いた方が良いです。

そうしないと今までやってきた苦労が水の泡になります。

歯並びは、舌で押されてほっぺ側に移動して、唇で押されて内側にもどるのです。

この繰り返しで、歯並びが決定します。

そのバランスで十分の隙間があれば、そこに歯が並びます。

歯と歯が重なっているということは、隙間がないのです。隙間がなければ内側に歯は移動することはありません。

隙間がないからこそ、外側に移動しやすい傾向になります。

その状態で口が空いていれば、内側に歯は入らない状態であるのに、口が空いていて、外側に開きやすい条件が整うと・・・。

想像つきますね

出っ歯になります。

隙間があって、舌と唇(頬)のバランスが整えば自然と歯並びが治るのです。

この考え方を望の治療する方法が第一期治療となるわけです。

そのために顎を広げるという行為は非常に有益な方法です。

顎を広げたのに歯並びが悪くなる

矯正の問題で、顎を広げても9歳をピークに犬歯間(糸切り歯と糸切り歯の間の隙間)が狭くなる特性があります。

この特性を最小限に抑える必要性と、いかにこれまでに隙間を広げる必要があるわけです。

のそのため、プレオルソなどを始める時期として9歳〜は動きが悪くなるのです。

そのため、それ以上より早めに始めて、顎を出来るだけ大きく成長に合わせて広げていく必要があるのです。

そのためにこの年齢までに使う装置として有効なのが、床型の急速拡大装置が有効となります。

床型(入れ歯型)の装置を入れて、顎全体に装置が触れるようにして、顎全体を広げる効果があります。

そのため、顎が成長できるのは、成長期を利用して広げると非常に効果的な、低年齢であればあるほど有利です。

ただし低年齢すぎると、どれだけ広げれば良いか、推測のレベルが大きくなりなり、統計的に推測ができるのが、上の前歯4本と下の歯4本が出てきた頃のに開始するのが伊パン的となります。

早ければ早いほど有利となるので、もっと早くできないのか?と当然疑問があります。

その時に有利になるのが、マウスピース型の装置で代表的なものが、プレオルソなどがあります。(別の種類の装置もあります。)

顎を広げたのに後戻りするの?

装置の分類は急速拡大装置です。急激に広げると言うことは、そこに隙間ができます。骨は、急激に成長しません。

身長が伸びることを想定すれば、どれだけの時間ががかかるでしょうか?

それも通常の成長で無く強制的に広げるわけです。

骨と骨の隙間にそこに力を加えて広げていきます。そのために、イメージとしてはゴムをひっパテいるような物です。ゴムを離すとどうなりますか?

元に戻ってしまうでしょう。

これに近いことが後戻りです。

広がった部分がしっかりと強固な骨になって始めて安定するのです。

安定するまで時間がかかるので、広げたらおしまいではありません。

広げてからその状態を維持する必要があるのです。

そして前章にも書きましたが、犬歯間の隙間は減少する傾向にあります。そのために顎を広げたはずなのに、実は隙間は検証しているのです。

ましては別記事の一部にも毎回登場するハイアングル顔貌傾向のある人は30歳を過ぎても下顎の成長は続きます。

このような色々な要因が加味されて、体の成長は起きてきます。

なぜなら体は整体パーツですから。

例えるなら、美容院に行って、髪を整えてもらえたら、2度と美容院に行かなくて大丈夫でしょうか?

1度風邪をひいて病院いいって薬をもらって、治ったら、2度と風邪をひかないでしょうか?

そんなはずは無いと思います。

体は整体パーツですから、治すことが大切なのでは無く、治してからその状態を維持するのが大切なのです。

一見顎広げているように見えるが歯を立てる装置

床型装置なのど急速拡大装置に対象になるのが漢書拡大装置である、床型(入れ歯型)の装置では無く、針金を使った、装置です。この装置も結果的には顎が広がりますが、歯を押して広げていくのが特徴です。ゆっくりと広げていく装置です。

なので、成人矯正の特徴は、針金を使って広げます。これが小児矯正と、成人矯正の治療の違いで大きく変わってきます。

歯の角度を立てるだけでも隙間は広げます。

これは別研究ですが、先進国の子どもに比べ、発展途上国の子どもは歯が立っていると言われています。

これは主に舌の位置関係が影響していると言われています。

舌と唇の関係は非常に重要なのです。

とある大学の矯正科の先生が有名な論文を出して話題を呼びました。

現代の日本人と、江戸時代の日本人の顎のサイズは変化していない!歯がねているか、立っているかの違いで、歯の生える隙間に違いが出てくると言うような内容です。

え?今の人は顎が小さくなっているんじゃ無いのの?って思う人がいるかもしれません。

昔の人は、今の人より栄養価が低いでで、体が今の人より小さいのは知っていると思います。

昔の武下屋敷昔の部げやしを見た人はわかると思いますが、今の要塞的な家に比べて壁の高さが低いことを目にすると思います。

と言うことは、今の人より成長が良くない条件下なののに顎が大きかったたら、昔の人はどれだけ顔がデカかったんだと思いませんか?

昔の自画像がを見て、顔がでかい人いますか?

いないのです。

顎のサイズで無く、歯の並ぶラインが、歯が寝ていることにより隙間のロスが生まれるので、このスペースを利用する装置です。

つまり生えている歯の状態で装置の種類を変えないといけないのです、

 

マウスピース型の偽物販売に注意

顎を広げる装置の1つに顎を広げるマウスピース型の有名です。

しかし歯科医院で行うこれらの装置は高額で、もっと安く済むのでは無いかと考えるのが人情です。

Amazonで調べてみましたら、売ってました!

それも1,000円でこれはお買い得と思い購入してみました。それも2個付いてきます。

買ってみると、非常に薄い!

床に置くと左右のバランスが崩れている。

アーチの大きさも微妙に狭い。

当然、素材が違うので、熱を加えて顎を広げるのは難しそう。

本物のプレオルソと、なんちゃってマウスピースは商品そのものが、違います。

なので、安いからと言って、手を出すと、逆に、左右の顎がずれてしまい、結果的に高くちます。

ずれてしまった成長は戻すことはできませんから。

いい言い方をすれば、個性です。

それも人虎的に誤った知識によって、引き起こされた個性です。別の言い方をすれば、その状態に体を適応される進化です。人間の進化の結果になります。

嬉しく無いですよね?

ですので、偽物には手を染めずに、ちゃんとプロの歯科医師の先生に相談しながら処置を行っていません。ただお金を取られませんから。それなりの自信がありろのテクニックによる代価がその費用なのです。

どうしても費用が無い人は、別記事の費用がない時のできることを別記事でと特集をしているので、そちらを参照してください。リンクのバナーを下記に貼っておきます。

小児歯科.com

目次 1 歯科矯正のお金がない!2 金額別の出来る対応2.1 まずフルコースの第二期治療まで2.2 今できる事だけをやる…

最新情報をチェックしよう!