上唇小帯切除や舌小帯切除の手術費用はいくら?

目次

切除する時の費用はどのくらいかかるの?

歯科で行う上唇小帯や舌小帯は小帯の切除術なので、保険で切除する場合は、切除の部分だけの保険点数は通常は560点、6歳未満の場合は840点となります。

そのため3割り負担となる6歳異常の場合で、切除のみの金額は、1,680円。

2割負担になる6歳未満で2,520円。

となります。

その他にかかる費用としては、初診料や再診料、処方箋料や薬代、各種加算です。

扱いは手術になるで、それなりの大きい金額を考えてしまうのですが、手術と言うほどの物ではないので、割と安価です。

説明上は5千有ればなんとかなりますと説明していました。薬とか諸々かかっても1万円行く事は有りませんと言うと、かなり安心します。

保険医療って、点数制なので処置が終わったら金額を請求されて、目安が解らないから不安という思いがあります。

歯科医師側も、計算しないと解らないので、急に聞かれても実際にパソコンで請求してみないと解らないというのが本音で、全身麻酔や上唇小帯や舌小帯などの多く費用がかかり、処置がそれなりに多いい物は、事前に概算を計算します。

なので、かなりのどんぶり計算になるので、費用はバラバラですが、通常は多く言っておくケースが多いいと思います。

保険適応となるので、子供医療証があれば、地域により制度が若干違いますが、保険証と子供医療証の適応となります。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

歯科大学卒業後、小児歯科を専攻として大学院を卒業し博士(歯学)号を取得。大学の小児歯科教室で教員を務めた後、地元で小児歯科を専門として開業しつつ、大学の非常勤講師(小児歯科)に任命中。小児歯科学会の認定医、専門医試験に合格して現在は専門医の資格を所有。小児歯科を専門とした歯科医師です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる