NO IMAGE

[小児歯科] 転んで(ぶつけて)乳歯が抜けてしまったんだけどどうしたらいい?

外傷によって乳歯が抜けてしまった時の対応方法

・乳歯が外傷で抜けてしまった時の対応方法
・処置と予後は
・まとめ

乳歯が外傷で抜けてしまった時の対応方法

昔のお婆ちゃんの知恵袋で歯をぶつけたら歯医者に行くなと言う言葉があります。歯科医師の立場から言うとすぐに歯医者に行って下さいが正式コメントです。外傷の処置はマニュアル的にはたいした処置として考えていない歯科医師が多いですが、外傷に関して勉強している先生からすると下手に知識が無くて処置はしてもらいたくない内容になります。対応が永久歯と全く別物になります。私自身も他院で保険点数目的の処置をされてからの大半は処置をやり直しするケースが多いか手が出しにくい状態になります。
そのくらい知識のある先生からすると判断がケースバイケースで異なります。処置方針医に関してもアジア外傷歯学会のガイドラインと日本外傷歯学会のガイドラインに微妙な認識の違いが現れています。
どちらでも対応出来るという意味では、歯を戻すことを前提としていきます。乳歯の場合は戻して良い成績が収められる時間は30分以内とされています。永久歯のケースと全く時間が短いです。基本的な考え方は永久歯と同じで、歯をぶつけて抜けてしまった場合、歯の周りには歯根膜と言ってこの膜の生存の有無が歯科治療状の成功率に大きく影響します。
理想は永久歯同様に保存液ですが幼稚園や保育園では用意が無いケースが多いです。その為牛乳の中に保存するのがベストです。牛乳も低脂肪とかの特殊な加工をしている製品で無く、昔ながらの牛乳です。今で言う売れにくい分類に入る牛乳なのでコンビニやスーパーで有っても1種類だと思います。決して水に入れたり、水で濡らしたティシュに包んで歯医者に持っていくのは決してやってはいけません。ただし歯が抜けた場所が外で砂とかが非常に多く付着してしまった場合は、理想としては生理食塩水や牛乳、保存液で洗浄しなくてはいけません。外部の菌による感染によりトラブルを防ぐ必要が出てきます。そう言う意味では本来は水の使用はダメですが、汚れの除去を一時的に行うのであれば、必要に応じて水もいいですが、なるべく早く牛乳や保存液に入れてください。
もし保存液と牛乳も無いとなる状態の緊急時は唾液をお口の中にためて唾液に歯が完全に浸るようにして口の中に保存します。ただし注意点として歯をガリガリ噛んだりするのはしてはいけません。歯の膜が損傷してしまいます。お子さんの口の中で持ってくる場合は要注意です。

処置と予後は

抜けてから30分以内で抜けた環境が良い場合は戻すケースがあります。針金でとめますが、永久歯と違い3週間を目安とします。この戻すもださないは先生の考え方で左右しますので相談してください。アジア外傷歯学会のガイドラインでは基本的に戻しません。その理由は歯が抜けるということは顎の骨が広がっているので、戻した時には見た目上ほぼピッタリの位置に戻りますが、厳密には位置がずれます。もし乳歯を戻した位置が永久歯とぶつかっている状態で乳歯を針金で繋げてしまうと、乳歯の根が永久歯の頭にぶつかっている状態が長時間続く事になるので永久歯に対してダメージが行きます。乳歯でやな思いをするのと永久歯でやな思いをするのでは全くの期間が違います。乳歯を戻さない事は見た目上気になりますが永久歯の見た目は今後その子の精神的な劣等感に本人が悩まされます。
一方、日本外傷歯学会は状態によっては戻す事も検討となっていて曖昧な表記になっています。ここで若干のずれが生じます。戻しても上記の永久歯のトラブルを考慮した場合、針金の固定は3週間に留めるのはそういう理由からです。もし歯が俺て抜けた場合は戻しても歯茎の短くなったり顎の骨が溶けたりして結果的に抜けてしまいます。予後に関しても乳歯の場合は非常に悪いので今後の経過に関しても先生とよく相談してください。

まとめ

乳歯が抜けてしまった時は先生の考え方で処置は左右します。永久歯が抜けるのとでは症状が違うので先生と今後の経過を考え要相談になりますので、もし可能であれば検診などの時にもしぶつけて乳歯が抜けてしまった時どう対応したら良いか掛かり付けの先生と事前に相談することをお勧めします。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!