子供の永久歯がグラグラしている

子供の永久歯がグラグラしている時は、いくつかの原因があります。

  1. 永久歯の生え立て(途中)
  2. 歯ぎしりやかみ癖がある
  3. 歯科矯正をしている
  4. その他

色々な要因がありますが、念のため担当の先生と相談して下さい。

永久歯の生え立て(途中)

永久歯は、永久歯の根っ子の完成中に歯が出てきます。

そのため、しっかりとした永久歯に比べて永久歯の根っ子が短くなっています。そのため、永久歯に若干のグラつきが生じる事があります。

これが生理的な揺れの範囲であれば問題ないので、経過観察となります。

歯ぎしりやかみ癖がある

慢性的に歯に刺激が加わっていると歯が入れてくる時があります。この状態が長期にわたっていると、永久歯の根っ子がだんだんと短くなっていき、最悪、永久歯が抜けてしまう事があります。

本来は原因除去が根本的な治療ですが、精神的なトラブルから生じている事もあります。

そのため、すぐに原因の究明と除去が難しい場合もありますので、必要に応じてマウスピースなので対処療法を行う場合があります

歯科矯正をしている

歯科矯正は歯を動かして、歯を並べます。

歯を動かすという事は、動かす側の顎の骨を溶かしなら、反対側に新たな骨を作っていく動作です。

そのため、歯のバランスが悪くなり、歯がグラグラします。

この場合は、新しい骨が硬くなれば、歯の揺れはなくなります。あまり揺れがひどいケースは担当の先生と相談して下さい。

その他

お子さんでは珍しいケースですが、永久歯が歯髄炎を起こしているケースも想定としてあります。歯ぎしりがひどいケースでもこのような事が起きます。

基本的に歯が揺れるという事は、何か原因となる事象が有る可能性があるので、念のため、全てのケースにおいても担当の先生と必ず相談して下さい

最新情報をチェックしよう!