子供が虫歯になりやすいのはなぜ?

目次

子供は虫歯になりやすい

虫歯の要因としては歯の質的問題の遺伝要因と、生活や習慣による後天的な要因の合計で決まっていきます。

遺伝的な分野に関して言うと人間ではありませんが、マウスの実験である遺伝子の状態によって、マウスの歯の硬さが30%の差があるという研究内容の報告が小児歯科学会の関東地方会で過去にありました。

環境的要因としては、

子供の歯は、表面の歯の硬さが半分程度出るのと味覚の発達段階により要因があります。

味覚が発達途中のためにお子さんを食べ物で買収する事は可能です。そしておじいちゃんおばあちゃんからすれば、食べ物でお孫さんを買収するのが非常に安くすみます。

また、味覚の発達途中で有るが故の食生活があります。

大人ですと家でケーキを食べながらお茶などを飲む事が多いいですが、お子さんの場合は、ケーキにジュースなのです。

大人が飲むようなミルクティーよりもショ糖の含有量の多いい飲み物を好んで飲む傾向があります。

このような原因から、大人よりも子供の方が虫歯になりやすいのです。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

歯科大学卒業後、小児歯科を専攻として大学院を卒業し博士(歯学)号を取得。大学の小児歯科教室で教員を務めた後、地元で小児歯科を専門として開業しつつ、大学の非常勤講師(小児歯科)に任命中。小児歯科学会の認定医、専門医試験に合格して現在は専門医の資格を所有。小児歯科を専門とした歯科医師です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる