TAG

赤ちゃん

小児歯科の特異性

小児歯科の特異性 小児は身体的、精神的、社会的に成長の発達段階と言えます。小児は成人を小さくしただけの存在ではありません。 そのため、成人とは違った特性があります。 小児の口の中だけをとってもその生理的な形態や、機能に限らず、疾病の異常の現れ方が成人とは異なりますし、さらに同じ小児でも発達段階でも異なります。 そのために高齢者だけでなく一般成人の医療体制と小児の医療体制は大きく異なってきます。 乳 […]

赤ちゃんの歯の生え始めのケアの仕方

生え始めの歯のケア方法 個人差はありますが、赤ちゃんの下の前歯が生後7ヶ月前後で出てきます。 体の中で硬い組織がむき出しになっている部分はプラークと言って汚れが溜まりやすい性質があります。歯も例が出なく同じようにプラークが溜まっていきます。その状態によって歯石や虫歯の原因となっていくのです。 赤ちゃんの歯も当然汚れが溜まってくるので、歯のケアは重要です。 基本的な歯の磨き方は歯ブラシを使うのが一般 […]

赤ちゃんの歯茎が赤紫色に腫れている

状態によりけりなので確定診断としては必ず歯科医院で確定診断を受けて下さい。 1つのケースとして歯茎が内出血したように赤紫色に腫れているケースで可能性が高いのは、萌出性膿疱または血腫の可能性が有ります。 違うケースもあるので、必ず歯科医院を受診して下さい。 萌出性膿疱や血腫 乳歯が萌出する前に歯肉に膿疱や血腫を生じることがあります。乳歯の萌出に伴い、自然に消滅するので、経過観察となります。 場所的に […]

赤ちゃんの歯並び

赤ちゃんの歯並びは基本きれいです。 本来の赤ちゃんのきれいな歯並びとは 歯並びがきれいというと、成人の矯正を行ったみたいに、歯の並びがU字型で馬蹄形の形をしていて、歯と歯がぴったりと並んでいる様子を、歯並びがきれいと近年で指している方が多いいです。 しかしこの歯並びは、隠れ不正咬合と言って、見た目はきれいだけども永久歯が生える時に歯並びが悪くなります。 一方、昭和の時代の歯並びが良いと言われる人は […]

赤ちゃんの歯ブラシの選び方と、歯ブラシの方法。

赤ちゃんの歯ブラシの選び方 赤ちゃんの歯ブラシの選び方は、実際の赤ちゃんが持つ歯ブラシと、お母さんが、仕上げ磨きように使う歯ブラシの2本を用意しましょう。 赤ちゃんの歯磨き(歯磨き粉)に関して、別記事で書いていますのでそちらも参考にしてください。 なぜ2本用意するかというと、本人が使用する歯ブラシは、歯ブラシを遊んでしまって食べたら磨くという習慣をつけることを目的にしているので、赤ちゃん自身の力で […]

赤ちゃんが歯ぎしりをしている!

赤ちゃんが歯ぎしりをしているのを目撃してしまったのすね・・・。 実はあれは歯ぎしりではないのです。 赤ちゃんが歯ぎしりをしているよう 歯などが出てきて、ある意味、赤ちゃんにとってはものすごき違和感があります。 間単位言うと、赤ちゃんの顎が動いているのは、歯ぎしりでなく、口の中の状態の感覚を、体を使って感じているのと機能の訓練の練習をしています。 始めは前歯しか有りませんので、前までの歯と歯がぶつか […]

赤ちゃんの歯磨き(歯磨き粉)はいつから始めるべきか?

赤ちゃんの歯磨きは歯が生えてからすぐに行うのが理想です。 歯磨き粉はメーカーが推奨しているものと疫学的内容からの使用の方法に違いがあります。メーカー推奨は基本的にうがいが出来るようになってからです。 年齢的には2歳半位で訓練をしてうがいが出来るようになりますが、それまでの間の歯ブラシや、歯磨き粉を含めた内容についてお話ししていきます。 赤ちゃんの歯磨き 歯が生えてきたら歯ブラシをしていきます。基本 […]

[講習レポート] 妊婦さんの腹直筋離開が赤ちゃんの口腔に与える影響

腹直筋離開の影響 腹直筋は人間にとって体を支え、動くときの主な筋肉です。 腹筋するときのお腹の真ん中の筋肉です。 この腹直筋が開いてしまうと 妊婦さんにとっては 便秘 分娩時に、いきみにくい 姿勢が崩れやすい 腰・骨盤の痛み 骨盤内臓器の脱出症 腹圧性尿失禁・便失禁 その結果、胎内で屈位が取りにくくなってしまい、頭が反った状態になりやすくなってしまう報告が多く聞かれる。 赤ちゃんにとって 便秘 屈 […]