TAG

その他

小児歯科の特異性

小児歯科の特異性 小児は身体的、精神的、社会的に成長の発達段階と言えます。小児は成人を小さくしただけの存在ではありません。 そのため、成人とは違った特性があります。 小児の口の中だけをとってもその生理的な形態や、機能に限らず、疾病の異常の現れ方が成人とは異なりますし、さらに同じ小児でも発達段階でも異なります。 そのために高齢者だけでなく一般成人の医療体制と小児の医療体制は大きく異なってきます。 乳 […]

関東近辺の歯科大学病院一覧

関東の歯科大学病院を一覧化してみました。 大学病院を紹介状無しで受診すると別途自費で費用がかかります。この費用は子供医療証では対応できずに返金されませんので、大学病受診の際は必ずかかりつけの歯科医院で紹介状を書いてもらってから受診して下さい。 大学名 電話番号(代表) 住所 HP 神奈川歯科大学附属病院 046-822-8810 〒238-8570 神奈川県横須賀市小川町1-23 http://w […]

乳歯の神経を抜いた後の永久歯はどうなるの?

乳歯の神経と永久歯の神経の関係 乳歯の神経と永久歯の神経は全くの別物です。 乳歯に神経を抜いたからと言って、永久歯の神経を抜くわけではありません。 乳歯の神経を抜くという事は、虫歯なり、歯が割れていたり、色々な理由がありますが、乳歯の神経が感染、あるいは感染しかかっている事を意味します。 その状態をそのまま放置すると、感染が永久歯付近の顎の骨まで進んでいます。それが長時間続くと、永久歯は膿の中で作 […]

子供の歯の抜き方

乳歯の抜き方 永久歯が下から出てきている様な歯が揺れているケースと、奥歯で乳歯の根っ子がしっかりしているケースでは歯の抜き方に違いが出てくる場合がります。 基本的なステップとしては、歯とお肉の境付近にある、靱帯を短針(先の尖った虫歯をを見つける時に使う道具)でお肉のスジを切るような感じに切っていきます。 その後、ピンみたいな抜歯鉗子で歯をつかんで左右に倒して抜いていきます。 根っ子がしっかりしてい […]

上皮真珠

上皮真珠とは 上皮真珠は別名Epstein真珠(エプスタインしんじゅ)と言われており、乳歯が出る前に歯茎の部分に黄白色の球状の小さな隆起がみられます。特に上の顎の歯肉に見られる事が多いいです。 これは歯堤が角化して残ってしまった状態です。自然いなくなるので心配がいりません。 触った時に堅くなっています。通常は小さな点状の物が多く、その存在すら気がつかないケースもあります。 大きい物ではかなりビック […]

子供の地図状舌の原因と治療法

地図状舌とは 子供に多く舌背部に円形または半円形の境界線が明瞭な赤色班が複数出現して、融合して地図のような見た目が現れます。日によって位置や形を変えるので、別名移動性舌炎とも言われています。自覚症状のもないのも特徴です。 地図状舌の原因は 原因は明らかになっていませんが、ビタミンB2欠損や体質異常などが言われています。 地図状舌の治療法は 思春期以降に自然治癒されると言われていて、特にこれと言った […]

全身麻酔で子供の歯科治療を行う時の費用の目安は

大学に所属していた時は、医局の中でも全身麻酔時の処置はそれなりに多く行っていました。 多いいと言っても年数回です。 逆に言うと大学病院の小児歯科の先生が直接全身麻酔下で処置する事は高頻度ではなかなか行いません。 全身麻酔の費用の目安は 大学病院に所属している時は、事務で細かい計算をするので、いくらですと正確な数字は言えませんが、保護者に説明する金額としては、自費扱いで麻酔をかけるだけで8万〜10万 […]

子供の歯医者(歯科医院)での定期健診の留意点

子供の歯科定期健診 歯科定期健診の間隔は3ヶ月〜6ヶ月くらいが妥当範囲です。 この間隔はむしろフッ素を塗布する間隔だと思って良いかもしれません。 歯科検診で明らかな虫歯は発見する事は可能ですが、歯科検診をしたから、虫歯予防をしたとは全く関係がありません。 この事に関しては別記事でも説明をしているのでそちらを参考にして下さい。 歯科検診で歯科医師または歯科衛生士がお口の中をチェックすると思います。 […]

子供の歯科検診の料金はいくら?

保育園検診や幼稚園検診、学校検診を何らかの理由で受けられなくなたった場合、学校法に基づき、必ず歯科検診を含め検診を予備日または、他の場所で受信しなくてはいけません。 当然気になるのはその金額です。 子供の歯科検診の料金は? まず、流れとしては学校の養護の先生と相談するのが基本となります。各学校には学校医がいます。 学校医の先生の診療所を紹介してくれるケースが多いいです。 受診する場所は、必ずしも学 […]

子供の永久歯がグラグラしている

子供の永久歯がグラグラしている時は、いくつかの原因があります。 永久歯の生え立て(途中) 歯ぎしりやかみ癖がある 歯科矯正をしている その他 色々な要因がありますが、念のため担当の先生と相談して下さい。 永久歯の生え立て(途中) 永久歯は、永久歯の根っ子の完成中に歯が出てきます。 そのため、しっかりとした永久歯に比べて永久歯の根っ子が短くなっています。そのため、永久歯に若干のグラつきが生じる事があ […]