TAG

歯並び

乳歯の神経を抜いた後の永久歯はどうなるの?

乳歯の神経と永久歯の神経の関係 乳歯の神経と永久歯の神経は全くの別物です。 乳歯に神経を抜いたからと言って、永久歯の神経を抜くわけではありません。 乳歯の神経を抜くという事は、虫歯なり、歯が割れていたり、色々な理由がありますが、乳歯の神経が感染、あるいは感染しかかっている事を意味します。 その状態をそのまま放置すると、感染が永久歯付近の顎の骨まで進んでいます。それが長時間続くと、永久歯は膿の中で作 […]

乳歯の後ろから永久歯が出てきた(内側から生える)

東洋を含む日本人とヨーロッパ系の人では上の前歯の生え方に若干の違いがありますが、日本人の場合、目立ってしまうのが、内側から永久歯が出てくるのが、お母さんの大半が驚きます。 実はこの症状は異常では無く正常です。 乳歯の後ろか永久歯が出てきた時の対応法 目的をどこに置くかで、乳歯に対応法が変わってきます。 歯並びを優先した場合 永久歯の歯並びを優先した場合は、なるべく早く乳歯を抜くのがベストです。 歯 […]

赤ちゃんの歯並び

赤ちゃんの歯並びは基本きれいです。 本来の赤ちゃんのきれいな歯並びとは 歯並びがきれいというと、成人の矯正を行ったみたいに、歯の並びがU字型で馬蹄形の形をしていて、歯と歯がぴったりと並んでいる様子を、歯並びがきれいと近年で指している方が多いいです。 しかしこの歯並びは、隠れ不正咬合と言って、見た目はきれいだけども永久歯が生える時に歯並びが悪くなります。 一方、昭和の時代の歯並びが良いと言われる人は […]

小児の歯科矯正の専門医を探すには

小児の歯科矯正の専門医・・・。 公式には小児歯科矯正専門医と言う資格は存在しません。存在すれば自称で小児歯科矯正専門医に近い単語で集客を目的としているケースが考えられます。 小児の歯科矯正の専門医を探すと言うより、子供の頃から成人矯正まで多岐にわたった総合的な矯正を探すには?と言う言葉に書き換えて説明しています 探す上でのおすすめPoint 夫婦(親子)で小児歯科専門医と矯正専門医を所有している歯 […]

子供の歯の本数と歯の生え替わりを解説

子供の歯の本数 子供の歯、すなわち乳歯は全部で20本です。 それぞれの歯にはA・B・C・D・Eと歯の番号が付けられていて、上下左右の4ブロックに分けます。 Aは真ん中の前歯です。 Bは真ん中から2番目の歯です Cは犬歯といわれ、別名糸切り歯と呼ばれています。 Dは第一乳臼歯で奥歯です Eは第二乳臼歯で奥歯です。 生え替わり 乳歯が生えてくる時 乳歯は生後7ヶ月頃から歯が出てきます。 基本的に前歯か […]

小児歯科矯正の費用の目安は?

矯正歯科の一般的な費用の目安 究極の言い方は、歯科医院の言い値です。 値段が歯科医院によってまちまちですが、区切りで見ていくと大体おな状な値段になっていきます。 第一期治療は大体35万円〜40万円くらいが多く、第一期治療と第二期治療を合わせると80万前後が多いいです。 第二期治療から始めることは出来なく、事実上、第二期治療からスタートしても第一期治療治療と第二期治療の合計金額から請求されます。 そ […]

小児歯科矯正と成人歯科矯正の違い

小児歯科矯正と成人歯科矯正の違いは、成長を加味した予測の矯正か、それともこれ以上成長しない、結果に対しての矯正。と言うことになります。 矯正は大きく分けて、第一期治療と第二期治療に分かれます。この分類で言うと、第一期治療が小児矯正の部分になり、第二期治療が成人矯正の部分になります。(正確には少し違いますが) 中には第一期治療は床型矯正治療として、針金のツブツブを付けるのを第二期治療と分類するケース […]

[小児歯科] 乳歯の段階で歯並びが気になけど永久歯の歯並びは大丈夫?

乳歯の歯並びが気になる ・乳歯と永久歯の歯並びの関係 ・いつ頃、歯並びの目安が立つの ・矯正を始める時期は ・どのくらいの期間かかるの ・まとめ 乳歯と永久歯の歯並びの関係 乳歯の歯並びと永久歯の歯並びの関連は一切ありません。歯並びは遺伝要因だけでなく環境要因も影響として出てきます。環境要因としては舌の癖がる、口が開いている、口で息をしてる、指しゃぶり、口なのかに物を入れる癖がある、その他色々な要 […]

[小児歯科]乳歯の段階で噛み合わせが逆だけどそのままで大丈夫?

乳歯の噛み合わせが反対 ・原因は ・治す時期は ・自然に治らないの ・影響はあるの ・まとめ 原因は 原因は遺伝的要因と後天的要因によって起きてきます。 遺伝的要因では両親の片方が小さいときも含めて噛み合わせが逆の時は可能性が高くなります。 一方後天的なは、大きな意味では生活習慣に問題が出てきます。生活習慣というと不摂生を想像するかも知れませんが、親の考える不摂生とは意味が違います。生活環境によっ […]