チルドブレッシュの効果と価格。

チルドブレッシュの効果

お子さんの口臭の除去を目的としたトローチ剤です。

子どもの口臭の原因

歯磨き不足による食べ残し

歯磨きを毎日していても、磨き残しがあったり、十分に歯磨きがされていないと、食べかすや汚れがたまってしまい口臭の原因になります。

たまたま、1回の口臭があったならまだしも毎回となると習慣的な要因も考えられます。

それでは、お母さんの歯ブラシが下手くそか?と言う疑問がありますが、一般的に言われているのは、お母さんの磨き方が下手くそなのではなく、お子さんの歯並びや、動きなどの体動などによって、歯ブラシのひとかきで、汚れが多く取れるか、少ないかが大きな影響になります。

その他にも、お母さんの利き手の関係や、お子さんの仕上げ磨きをするときの位置関係も重要な要因として挙げられます。

例えば、歯ブラシをする際に、もしお子さんを膝の上で仕上げ磨きを行い、お母さんが右利きであった場合は。

お子さんの右側の糸切り歯(犬歯)あたりが上手く磨けないことが多いいです。

それはなぜかというと、左側の奥歯から前歯に向かって歯ブラシを動かしていますが、右の奥歯を磨くときは、歯ブラシの持ち方を変えると思います。

この時です。斜めを忘れるのです。

それは、歯ブラシをする際の歯のブロックを奥歯と前歯だけしか考えていないときに起きます。

斜めを忘れるのです。

歯ブラシをするときは、奥歯、斜め、前歯、斜め、奥歯と頭の中でイメージするのが良いでしょう。

同様に、いつも磨く順番が決まっていない場合は、どこを磨いたかを忘れてしまい、磨いていない場所があるためです。

磨く順番をしっかり決めてやると大分改善につながります。

口の中の雑菌の増殖

口呼吸をしていると、口の中が乾燥します。朝起きたときに口が臭いのは、寝ている間に口呼吸をしてしまっているからです。口の中を乾燥させないことが口臭予防に大切です。

口呼吸があるかどうかを見るポイントは、歯と歯茎の境界線付近の歯肉が変色しているケースが多いいです。歯茎が、歯に近い部分がくすんだ色になり、ピンク色の歯茎とライン状にくっきりと分かれています。

もし、ライン状に分かれて無く、歯茎全面が黒い場合はたばこを吸っている可能性もあります。それも慢性的に!

お子さんではそのようなことはあり得ないので、もし歯茎にライン状にピンクとくすんだ色がある場合は、口呼吸を疑ってみてください。

ちなみに、この色は口呼吸と口を開けているお口ポッカーンの可能性もあります。この症状がなくなれば、時間はかかりますが、またピンク色に戻る可能性もあります。

この場合は専門の先生に相談ですが、条件があり、対象外のばあいは自費になるケースも多く、改善にはかなりの時間を要します。

その他にも口呼吸を疑う要因としては、寝相が悪い、横向き、うつぶせ寝が多いなどもあげられます。

そして、仰向けで寝ているときでも、唇をめくってみると、舌が歯と歯の間に挟まっている時も考えられます。

通常の方は、寝ているとき、楽な姿勢の時は、舌は、上の歯の裏側に触れていて、上と下の歯は1〜3mm浮いていて、唇が閉じています。

舌を前に出すことにより呼吸を楽にしようとしている可能性があります。

口腔内の乾燥

口の中が乾燥していると、菌が繁殖しやすくなります。唾液には殺菌作用や口の中の汚れを洗い流す働きがありますで、唾液が十分に出ていることが口臭対策に重要です。

起きているときでもポカンと口を開けていると、お口の中は乾燥して、唾液の効果は弱くなります。

冬など寒いときに口から息を吐くと白いモノが出ますよね?

同じように鼻から頑張っても出ませんよね!

口から何かが出ている証拠です。

まして寝ているときは、無意識なのと、長時間であることで、唾液の分泌が減ることでかなり、不利につながります。

長期的な意味と短期的な意味でどうしたら良いのか?

上記の内容から、お子さんがなぜ口の中がくさくなるかわかりましたね!

中には、内臓系に疾患があり、そこから匂っているケースもありますが、お子さんのばあいは、可能性としては、ほとんど無いと思います。

長期的な対応

長期的な意味合いとしては、原因を除去しないと、結果が現れません。

歯磨きが原因の場合に関しては、磨き方を見直す必要があります。改善しない場合は、定期的に歯ブラシの仕方を、歯科医院を受診して、ブラッシング指導を受けることをおすすめします。

次に口呼吸ですが、呼吸器系と歯科医院の受診に分かれます。つい最近の研究方向では、鼻が悪いから、口が開くのでなく、口を開けていると鼻が悪くなることが分かってきています。

耳鼻科に通っているのに何年通っても治らない!アレルギーだから!と単純に考えるかもしれませんが、お口ポッカーンが原因の可能性があります。

条件付きですが、歯科医院でも一部は保険対象になるので、相談してみるのも良いかもしれません。(小児口腔機能管理で調べるとヒントが出てきます。)

短期的な対応

トローチやタブレットで、可能な限り菌を減らす事がとりあえずの対応法です。

根本の原因除去にはつながりませんが、年齢が上がるにつれて、本人の順応性も変わってきます。

長期的な対応は、即効性は認められにくいですが、短期で、結果を出そうと言う閑雅の方にはそれなりに効果もあります。

ただ個人差があるので、実際に使ってみないと分からないという点もありますが、価格的に安価で、短時間で効果を期待できる可能性もあります。

 

効果のグラフを見ても、メーカー発表では人や使い方にもよると思いますが、2日目でそれなりの人が効果を実感して、7日間で大半が効果を感じている人が多く認められます。

価格に関して

Amazonや楽天なんどのオンラインショップで買う方法と、公式ホームページから買う方法があります。

定価という意味では、通常価格2,400円(税抜)です。当然Amazonを代表するネット販売では、かなり安くなりますし、それを目的に、Amazonなどは発展してきています。

参考価格として、ネット販売のリンクのバーナーを下記に張っておきます。興味のある人は、値段を確認してみてください。

つぎに公式ホームページの内容を調べてみました。

今回のみの通常価格もありますが、定価 + 送料 となるので、個人的にはAmazon等で購入する方が得のように感じます。

その他に、定期便もあります。

定期便じゃ結局高くなるのかな?と思いますが、執筆当時は、お試し定期コースのキャンペーンが開催されており、送料無料で、10日間全額返金解約保証も行っており、お試し定期コース特別価格が1,680円、初回限定で60%OFFの960円(税抜)のプランがありました。

このプランだとAmazonなどよりかなり有利になります。

キャンペーンが終了しているケースもあるので、下記のバーナーから価格や条件を確認してみてください。

使い方

Pointはかまずにゆっくりと口の中で溶かしてです。咬んで食べるのでなく、口の中に成分を行き渡らす必要があるからです。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!

商品の最新記事8件