小児歯科.com

次の世代の子ども達のために 今、大人が出来ること

小児歯科の特異性

小児歯科の特異性 小児は身体的、精神的、社会的に成長の発達段階と言えます。小児は成人を小さくしただけの存在ではありません。 そのため、成人とは違った特性があります。 小児の口の中だけをとってもその生理的な形態や、機能に限らず、疾病の異常の現れ方が成人とは異なりますし、さらに同じ小児でも発達段階でも異なります。 そのために高齢者だけでなく一般成人の医療体制と小児の医療体制は大きく異なってきます。 乳 […]

赤ちゃんの歯の生え始めのケアの仕方

生え始めの歯のケア方法 個人差はありますが、赤ちゃんの下の前歯が生後7ヶ月前後で出てきます。 体の中で硬い組織がむき出しになっている部分はプラークと言って汚れが溜まりやすい性質があります。歯も例が出なく同じようにプラークが溜まっていきます。その状態によって歯石や虫歯の原因となっていくのです。 赤ちゃんの歯も当然汚れが溜まってくるので、歯のケアは重要です。 基本的な歯の磨き方は歯ブラシを使うのが一般 […]

関東近辺の歯科大学病院一覧

関東の歯科大学病院を一覧化してみました。 大学病院を紹介状無しで受診すると別途自費で費用がかかります。この費用は子供医療証では対応できずに返金されませんので、大学病受診の際は必ずかかりつけの歯科医院で紹介状を書いてもらってから受診して下さい。 大学名 電話番号(代表) 住所 HP 神奈川歯科大学附属病院 046-822-8810 〒238-8570 神奈川県横須賀市小川町1-23 http://w […]

子供が上唇小帯の所が痛いと言っている

上唇小帯が痛い まず見るポイントとしては、上唇小帯に傷があるかどうかを見て下さい。 上唇小帯が傷つくケースとしては、ぶつけてしまし、上唇がめくれるような力が加わった場合は上唇小帯が切れています。 次に食べ物を含む物理的な物がぶつかってしまい、一時的な傷がある時もあります。 よく相談されて確認すると、実は歯ブラシがぶつかってしまっている事が原因で、傷はないけども、歯ブラシの刺激で痛がる事もあります。 […]

乳歯の神経を抜いた後の永久歯はどうなるの?

乳歯の神経と永久歯の神経の関係 乳歯の神経と永久歯の神経は全くの別物です。 乳歯に神経を抜いたからと言って、永久歯の神経を抜くわけではありません。 乳歯の神経を抜くという事は、虫歯なり、歯が割れていたり、色々な理由がありますが、乳歯の神経が感染、あるいは感染しかかっている事を意味します。 その状態をそのまま放置すると、感染が永久歯付近の顎の骨まで進んでいます。それが長時間続くと、永久歯は膿の中で作 […]

赤ちゃんの歯石どうしたらいい?

赤ちゃんの歯に歯石が 赤ちゃんであろうと大人であろうと基本的には処置が変わる事がなく、歯石は付着してしまった場合は除去した方が良いです。 世間一般的に歯科医師の立場で言うと、ちゃんと歯ブラシをしていたら歯石はつかないと言います。 たしかに歯に、歯石の初期の段階の汚れがつく前に除去できていればつかないはずですが、個人的な感想としては、歯石はつきやすい人はすぐに付くし、つきにくい人はなかなかつかないよ […]

子供の歯の抜き方

乳歯の抜き方 永久歯が下から出てきている様な歯が揺れているケースと、奥歯で乳歯の根っ子がしっかりしているケースでは歯の抜き方に違いが出てくる場合がります。 基本的なステップとしては、歯とお肉の境付近にある、靱帯を短針(先の尖った虫歯をを見つける時に使う道具)でお肉のスジを切るような感じに切っていきます。 その後、ピンみたいな抜歯鉗子で歯をつかんで左右に倒して抜いていきます。 根っ子がしっかりしてい […]

唇に水ぶくれ(ニキビ)ができている。これは粘液嚢胞かも

粘液嚢胞 口の中には3大唾液腺と言われる物だけでなく、小さな沢山の唾液腺が存在します。これが何らかの影響で封鎖してしまった場合に起きます。 唾液の入り口が塞がってしまっても唾液は出て行きます。 それが水ぶくれに見えてきます。場合によってはパッと見た目ニキビにも見えます。 出来る場所の特徴としては、下の唇に出来るのが特徴です。(舌の裏側の先端に出来る別名の物もあります) 原因の1つに何らかの影響で、 […]

上皮真珠

上皮真珠とは 上皮真珠は別名Epstein真珠(エプスタインしんじゅ)と言われており、乳歯が出る前に歯茎の部分に黄白色の球状の小さな隆起がみられます。特に上の顎の歯肉に見られる事が多いいです。 これは歯堤が角化して残ってしまった状態です。自然いなくなるので心配がいりません。 触った時に堅くなっています。通常は小さな点状の物が多く、その存在すら気がつかないケースもあります。 大きい物ではかなりビック […]

上唇小帯切除や舌小帯切除の手術費用はいくら?

切除する時の費用はどのくらいかかるの? 歯科で行う上唇小帯や舌小帯は小帯の切除術なので、保険で切除する場合は、切除の部分だけの保険点数は通常は560点、6歳未満の場合は840点となります。 そのため3割り負担となる6歳異常の場合で、切除のみの金額は、1,680円。 2割負担になる6歳未満で2,520円。 となります。 その他にかかる費用としては、初診料や再診料、処方箋料や薬代、各種加算です。 扱い […]