虫歯予防の新習慣。ムシバイは子どもの歯磨き後のご褒美に!

お子さんの歯磨きでこんな悩みありませんか?

  • 何度言っても歯磨きを嫌がって困っている
  • 歯磨きをしたのにおやつを食べてまたやり直し
  • 気をつけて磨いたのに虫歯が出来てしまった
  • 仕上げ磨きがちゃんとできていないかな。。。
  • 永久歯が虫歯になったらどうしよう。。。
  • 歯磨きをしているのに口臭が気になる

こんなお悩みありませんか?

口を触られる行為は、人間がと言う議論以前に動物自体、口を触られることを嫌がります。特に口の中を触られるのは非常に嫌がります。

当然ながら、低年齢になればなるほど、そのような状態は強く表れます。表現力が未熟という意味だけでなく、発達段階のお子さんは、お母さんと違い、お母さんが一生懸命やっている歯磨きの重要性を理解していないのが原因としてあげられます。

特にお子さんの歯ブラシはお母さんの悩みのお手伝いが出来る可能性がある商品があります。

対象になるお母さんは、

  • 歯磨きを嫌がる子供に悩んでいるお母さん
  • 子供を虫歯にしたくないお母さん
  • 子供の歯磨きを習慣化させたいお母さん

には、もってこいのムシバイです。

販売店や最安値の特徴は別記事で特集してます。下記のバーナーから別記事に移動できます。

小児歯科.com

目次 1 ムシバイの販売店と最安値1.1 販売店1.2 最安値2 ムシバイの価格設定2.1 トクトクコースの募集要項2.…

虫歯予防の新習慣や子どもの歯磨き後のご褒美としてのムシバイ

私も、診療室でお母さんからお子さんの歯ブラシの相談を多くいただきます。

診療中は特定の商品を勧めることはしないので、答える言葉は、歯ブラシの後、両手を使う遊びや絵本(紙媒体の)を読んであげることをおすすめしています。

お母さんの中には、歯ブラシ後のご褒美としての食品の質問が来るときもあります。その時は、商品名を出さずに、パッケージの裏を見て、歯磨きの後に使用しても良いと書かれているか確認して、用量を用法を正しく使うことをおすすめしています。

そこで歯ブラシの後に使える食品の選択肢の1つとしてムシバイを紹介します。

なぜ、歯ブラシの後にお子さんへのご褒美として有効なのか?

先ほども述べたように、人間が、ではなく動物自体が、お口の中を触られることは不快で、やな事です。

初めての赤ちゃんの歯ブラシ(ガーゼでなく)をした時のことを思い出してみてください。

もしかしたら、1回目はおとなしく歯ブラシをさせてくれたかもしれません。2回目以降はどうでしょう?歯ブラシの勝手を経験すると、大暴れになる方が大半かもしれません。

人間は歯ブラシをするために生きているのではありません。生きるために食事をして、その後も美味しく食べ物を食べるために歯ブラシをします。

決して歯ブラシをするために生きているわけではないのです。

当然、経験の無いお子さんであればあるほど、その意味を理解するのは困難な訳です。

意味を理解できないからこそ、なんでそんなことしないといけないの?という状態です。

お母さんも好きで歯医者には行きません。やだけど、ほっとけば、もっとひどい思いをするので、やだけど歯医者に行くというのが現状でしょう。

同じ思いをさせないために、定期的に歯医者に通ってメンテナンスをしたり、食生活を注意したり、歯磨きを頑張ってしているのが現状ですが、お子さんはそれを理解できません。

そのため、歯ブラシは嫌な事かもしれないけど、頑張ればその結果、嬉しいことが待っているという意味で、ご褒美は重要です。

この手法はトークンエコノミー法の1つとして使われる立派な学術的手法です。

ご褒美としての食品素材の魅力

ここでもう1つのポイントがあります。

ご褒美が食品素材であることも重要な位置づけがあります。

味覚の発達は5歳でピークを迎えます。そのために小さなお子さんは食べ物で釣れるのです。おじいちゃん、おばあちゃんが、お孫さんを買収する簡単な方法は、食べ物でお孫さんをつることです。

だけどお母さんは、食べ物でつられませんよね?それは味覚の発達が終了して、時間がたっており、人は以前より、より多くの快楽を得ようとします。

そのため小さなお子さんにとって、甘い物は快楽であり、味覚の発達に伴い、その欲求は強くなる傾向があります。

そのため、ご褒美としての歯ブラシ後に使用できるムシバイは上記の条件を満たしている優秀な食品といえます。

ムシバイの特徴と優位性

この商品の成分として3つの代表する素材が使われています。

メイカー発表の物として

  • クリスバスタ菌
    歯周病予防&口臭ケア
  • PS-B1
    善玉菌の働きをサポート
  • キシリトール
    虫歯の原因である「酸」を作らせない。

があげられます。

特にこの製品が力を発揮するのが就寝前の歯磨きの後です。就寝後は唾液の量が減り、起きているときに比べて、細菌の繁殖が多くなります。

逆に、食材として食べたムシバイの成分が、口腔内に残る可能性が考えられ、それぞれの菌の優位性が期待できるのがこの製品の優位性です。

ムシバイの成分に関して別記事で特集しています。下記のバーナーからも移動できます。

小児歯科.com

目次 1 ムシバイの成分からみた効果(期待される機能)1.1 クリスバス菌1.2 PS-B11.3 キシリトール2 3つ…

ムシバイの使い方

つかいかたは簡単!就寝前に舐めるだけです。

ムシバイの使い方

  1. 菌が繁殖しやすいのは就寝中なので、お休み前にしっかり歯を磨きます。
  2. 歯磨き粉のおやつとして1日1粒あたえます。
  3. 咬まずにアメのようにゆっくり舐めることがポイントです。

もし歯磨きを嫌がっているときは・・・

はじめに、お父さん・お母さん自身が歯磨きをした後に、美味しく食べている様子を見せてあげると効果的です。ご両親が美味しそうに食べているのをみれば、お子さんも食べたくなります。その結果、歯を磨くようになります。ムシバイを活用して、毎日の習慣につなげるようにします。

お子さんは、感情豊かで好奇心も豊富です。周りの状況をしっかり見ています。

話を例えると、レストランで横の人が、美味しそうに食べている風景を見たら、自分も食べたくなりませんか?

友達が素敵な今はやりのバックを持っていたら欲しくなりませんか?

このバックは値段ではなく、今はやりの物とトレンドのバックが欲しいのであって、高ければ良いという物ではありません。

低年齢であればあるほど、母親の存在は大きく、それをまねようとします。そしてその行動が習慣となって今後の成長に精神的な面を含めて大きく成長します。

お子さんにとって、ご両親は手足のような存在でもあるので、ご両親の行動は、お子さんの行動に大きく変化を与えます。

お子さんはお父さん・お母さんの喜怒哀楽をしっかり受け取ることによって感情豊かな大人へと成長していくわけです。

その特性を用いた方法が、One Pointアドバイスに書かれてある方法です。

 最後に

毎日使うことにより、習慣性がつきます。歯ブラシも基本習慣です。

小さいお子さんに歯ブラシの練習として、磨けなくても歯ブラシを持たせて自分でやらせる訓練をします。

この際、歯ブラシを加えながら歩き回ったり遊んだりすると歯ブラシでの事故が起きますので十分な注意が必要ですが、食べたら磨くという習慣をつけさせるためです。

本人は歯ブラシをくわえているだけなので、正直、汚れを落とすという意味では、意味はありませんが習慣という意味では大きな意義があります。

当然自分で上手く磨けないので、仕上げ磨きが重要になります。

口コミの調査は別記事絵特集しています。下記のバーナーからも移動できます。

小児歯科.com

目次 1 ムシバイの口コミや声を調べてみると2 最後に ムシバイの口コミや声を調べてみると これらの口コミは個人の感想で…

今回紹介したムシバイは、

  • 歯ブラシの後のご褒美としての意味合い
  • 味覚の葉って途上のお子さんにとっての食品という素材
  • 最大の効果と就寝中の口腔内環境の改善

と言う所に着目した製品です。

最新情報をチェックしよう!

商品の最新記事8件